プロジェクトについて

私たちが環境のために、できること、
つなぐこと。

人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ

私たちの暮らしと生物多様性

「生物多様性」とは、人類も含めた「生きものたちの豊かな個性とつながり」のことを言います。私たちの暮らしは、生物多様性がもたらす自然循環によって生み出される多くの恩恵(自然の恵み)によって支えられています。生活に欠かせない空気や水やエネルギー、食べ物や衣服の原料、自然とのふれあいなど、全て生物多様性がもたらす自然の恵みから得ているものです。
もし、生物多様性が失われてしまったら?
食べ物は全て生きもの、酸素も森から生まれます。
生物多様性が今のスピードで壊れると、最終的には私たち人間さえも絶滅の可能性があるということです。

自動車産業と生物多様性のかかわり

生物多様性との関係が薄そうな自動車産業も、必要な資源の多くは、自然界から調達されています。
その原材料の採取地が野生動物の生息地である場合、原材料調達を通じて生物多様性に影響を与えています。
また、工場建設をはじめとする土地利用や、製品の使用や事業活動によって排出される温室効果ガスなど、直接または間接的に生物多様性への影響を与えています。
人と人、場所、モノをつないできた自動車だからこそ、生物多様性の恩恵を次の世界に引き継ぐことが、重要と考えています。

参加会社
(オールトヨタ自然共生ワーキンググループ23社)

トヨタは2015年10月14日「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表いたしました。
その内のチャレンジ6「人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ」の具体的な活動のひとつとして、
23社でワーキンググループを立上げ、2016年から活動を開始しました。
人と自然が共生していくためには、各地域の豊かな森や水や生き物などの自然を守っていかなくてはなりません。私たちは「つなぐ」活動を推進していきます。

「愛知ターゲット2020」と
グリーンウェーブプロジェクトの関係

愛知ターゲットとは?

2010年愛知県名古屋市開催の第10回締約国会議(COP10)で約180か国が加盟。2050年までに自然と共生する社会の創造を目指し、2020年までに達成すべき20の目標を定めています。生物多様性を守るための今後10年間の方向性です。

2010年愛知県名古屋市開催の第10回締約国会議(COP10)グリーンウェーブプロジェクトでは、「愛知ターゲット2020」の20の目標のうち、10項目を中心に活動を進めていきます。
(プロジェクトに関するターゲット:1・5・7・9・10・11・12・14・15・19)(その他自動車産業に関係するターゲット:2・4・8)

WWF 愛知目標(愛知ターゲットについて)